第28回「停滞期の企業の再建」― ミクシィ前社長、朝倉祐介氏が語る

6月のビジネス道場のスピーカーは、Stanford University客員研究員、ミクシィ前社長、朝倉祐介氏です。

朝倉氏は1年という短い社長任期の期間内で、ミクシィの再起を目指し立て直しを実行しました。問題意識がありながらも先送りしてしまう企業が多い中、朝倉氏は成長が止まってしまったミクシィ社の再生を迅速に図っていきます。かつて業界を席巻したSNS以外の事業領域に活路を見出すことで、同社は事業再生フェーズから再成長のフェーズに移行しました。

現在、Stanford Universityの客員研究員として研究に従事されている朝倉氏は、競馬学校から東大法学部に入学し、コンサルティングファームのマッキンゼーに勤めた後、自身が学生時代に立ち上げたベンチャー企業に戻り、ミクシィの社長に就任したというユニークな経歴の持ち主でもあります。今月のビジネス道場では、成長が踊り場局面に入った企業の再生について解説していただきます。

ビジネス道場は、知的欲求を刺激するすばらしいコミュニティであり、ネットワーキングのよい機会でもあります。企業にお勤めの方、これから就職をお考えの学生の方、知り合いを増やしたい方、ご家族の方もウェルカムです。万障お繰り合わせの上、是非ご来場ください。心よりお待ち申し上げております。

日時:2015年6月10日(水曜日)6:00-9:00 PM

会場:Hacker Dojo

599 Fairchild Dr. in Mountain View, CA

ビジネス道場プログラム:

6:00-6:45 PM 受付 ネットワーキング

6:45-7:45 PM ご講演及び質疑応答 (言語:日本語)

8:00-9:00PM ネットワーキング

スピーカープロフィール:朝倉祐介氏

1982年兵庫県西宮市生まれ。中学卒業後、オーストラリアの競馬騎手養成学校に入学。帰国後、北海道で競走馬の育成業務に従事。

2007年に東京大学法学部を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。国内外の大手企業、公的機関の戦略立案、オペレーション改善プロジェクトなどに従事。

2010年、自身が学生時代に立ち上げたネイキッドテクノロジーに復帰し、代表取締役社長兼CEOに就任。

2011年、同社をミクシィ社に売却したことを機にミクシィ入社。同社で事業開発、提携、買収などを担当し、2013年より代表取締役社長に就任。同社の事業再生、新規事業開発を主導。

2014年よりスタンフォード大学客員研究員。