第18回 国境を超えた多国籍チームの企業文化作り - 山田研一氏  Gengo, Director of Marketing

シリコンバレー発で世界で活躍するスタートアップ企業は星の数ほどありますが、今回のスピーカー、山田研一氏がマーケティングディレクターを務めるGengoは、「東京発、世界で活躍するスタートアップ企業、そしてなんと創立者は、非日本人」というユニークな特徴があります。ワンクリックの人力翻訳サービスを提供するGengoは、過去4年間で成長し続け、小規模なパートナーシップから、50人のフルタイムチームを東京、サンマテオ、シンガポールに抱えるまでになりました。そして、今ではYouTube、楽天、トリップアドバイザー、アリババなど主要企業の翻訳プラットフォームとして利用されています。 

Gengoの主要オフィスはサンマテオと渋谷、スタッフの出身国も時差もバラバラです。そして、翻訳者も世界中に点在しています。きめ細かい円滑なコミュニケーションをはかるために、Gengoではメール以外でも様々なコミュニケーション手段をとってきました。多国籍スタッフによる言葉の壁の乗り越え方は、自社の企業文化にもアメリカで働くみなさまにもご参照になることが多いかもしれません。そして、内実ともにグローバル企業であるGengoは、特定の国籍ひとつに属さないように、強固な独自企業文化を作り上げてきました。多国籍チームをゼロから築き上げた企業文化作りのこれまでの取り組みについても解説していただきます。

また、Gengoは翻訳サービスを提供していますので、仕事で言葉の壁を乗り越えようとしている皆様にとっては、山田氏からその解決法についてアドバイスが見つかるかもしれません。グローバル企業がマーケットの拡張に成功するための、そして内部の運営をスムーズにするため、効率的な翻訳の利用法とは何でしょうか。文章を翻訳することにあたって、どんなところに気をつければ良いでしょうか。

Myspace、Eventbrite、 Salesforce、Gap Inc.などでも豊富な経験を積み、数多くのプロジェクトを成功させてきた視点から、マーケティング畑をずっと歩んでこられた実践体験についても語っていただきます。また、アメリカでのマーケティング、日本でのマーケティングの違いについても紹介いただきます。

ビジネス道場は、知的欲求を刺激するすばらしいコミュニティであり、ネットワーキングのよい機会でもあります。企業にお勤めの方、これから就職をお考えの学生の方、知り合いを増やしたい方、ご家族の方もウェルカムです。万障お繰り合わせの上、是非ご来場ください。

日時:2014年5月1日(木曜日)6:00-9:00PM

会場:Squire Sanders Palo Alto office

600 Hansen Way

Palo Alto, CA 9430

(入り口が2カ所ございますが、駐車場横の正面のドアからお入りください。ドアに“600 Squire Sanders”とかいてあるドアが受付の入り口です。)

ビジネス道場プログラム:

6-6:45 PM 受付 ネットワーキング(軽食をご用意しております)

6:45-7:45 PM ご講演及び質疑応答 (言語:日本語)

8-9PM ネットワーキング

プロフィール:

山田研一氏  Gengo, Director of Marketing

ボストン大学を卒業し、米国のデジタルマーケティングエージェンシーに入社する。その後、Myspace、Eventbrite、 Salesforce、Gap Inc.のマーケティング担当を経てGengo にDirector of Marketingとして就任。プライベートではコピーバンドのリードボーカルとして音楽活動に励んでいます。