Rochelle Kopp (ロッシェル・カップ)

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社長 - シリコンバレー在住 

ロッシェル・カップは日本のビジネスに焦点を置いた国際的コンサルティング会社であるジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長です。日本人のコミュニケーションスタイル、そして日系企業の行動と意思決定を特に専門としており、日本文化とビジネスの専門家として国際的に高い評価を受けています。ベテランのファシリテーターでもあり、日本人及び外国人を対象とした研修とコンサルティングの経験が豊富です。中でも異文化チームビルディングやエグゼクティブ向けのプログラムを特に専門としています。

ロッシェルは多文化が共存する環境におけるコミュニケーションと人間関係の改善を通して、顧客がより高い収益性と従業員の積極的参加を実現することをお手伝いします。現在は、日系企業の世界的事業展開、効果的な人事管理、組織開発、異文化トレーニング、チームビルディングを支援することに特に力を入れています。また、日本人の顧客、ジョイントベンチャーパートナー、及びサプライヤーを持つ米国企業に対しても頻繁にサービスを提供しています。

ロッシェルは日本に在住し日系大手金融機関の東京本社で働いていた経験から、日本の企業文化を肌で体験しました。その後コンサルタントとして、日本を代表する大手企業を含む幅広い規模と産業の日系企業にサービスを提供してきました。自らの体験から学んだ日本のビジネス文化に関する知識や洞察をセミナーやコンサルティングに生かすことで、参加者がよりよい人間関係を築くこと、そして文化の壁による誤解を回避することを支援しています。

またロッシェルは『The Rice-Paper Ceiling: Breaking Through Japanese Corporate Culture』及び20冊以上の日本語の本の著者でもあります。その他にも数々の日本あるいはアメリカの雑誌に記事を提供しており、現在The Nikkei Weekly日経WOMAN日経マネースタッフ・アドバイザー(税務研究会)、Global ManagerEnglish JournalU.S. Frontline Newsにコラムを連載 しています。

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社を設立する以前は、米国系国際コンサルティング会社に勤め、日米間やその他のグローバルなプロジェクトを専門にしていました。エール大学で歴史学の学士を取得後、シカゴ大学経営大学院でMBAをで取得しました。

ロッシェルはノースウェスタン大学にて組織行動と起業家精神の授業を受け持った経験もあり、現在は立命館アジア太平洋大学のMBAプログラムにおいて、異文化ビジネスコミュニケーションの集中講義を毎年担当しています。日本語は読み書き会話のすべてにおいて堪能で、国際交流基金の日本語能力試験の1級に合格し、ジェトロのビジネス日本語能力検定の1級を取得しています。